砂糖が固まったら  

砂糖が固まったときは

砂糖はまるで吸湿装置。
空気中の水分(湿気)を吸い取ってしまいます。

外気と遮断すればいいのですが、一度開封すればなかなかね。
日常使用していれば完全に密閉するのは困難です。

砂糖は外部の湿気を吸うと結晶が溶けます。
その溶けた結晶が今度は乾燥して固まる。

それで石にようにガチガチになるのです。

とても硬くなりますから、手でほぐすのが不可能なほど。
カナヅチでガンガンって手もありますが、そんなことする必要はありません。
また、霧吹きを使ってもほぐれますが、当然水気を吸わせて扱いにくくなる。

急ぎでない場合は、「食パン」か「柑橘類の皮」を砂糖容器に。
砂糖と一緒にしてフタをしておけば、そのうちサラサラになります。
サラサラになったらパン・皮を取り出します。

急ぎの場合は電子レンジに2~3分かける。
固まりの元である結晶をゆるくして解いてやるのです。

ただし時間には注意。
水分を多く含むほど、熱で砂糖が溶ける可能性が高まるからです。
2~3分で取り出し様子をみて、30秒刻みで試しましょう。

塩が固まったら

Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.