濃餅  

濃餅(のっぺい)

のっぺいは、濃餅のほか「能平」「野平」とも当てる。
「のっぺりした、とろみのある」というような意味だとされ、片栗粉や葛粉でとろみをつける実沢山、澄まし仕立ての汁物である。

原型は精進料理であるが、全国各地に同様の料理がみられ、それぞれの地方で郷土料理になっている。

各地の特産である野菜や鳥獣肉をふんだんに使い、地域の特徴を出している。ご馳走と呼べる惣菜としての位置づけで、また各種の行事にもよく作られる。
その中で「のっぺ」と呼ばれる料理は、汁物ではなく両味(砂糖・醤油)で煮た「煮物」であることも。

濃餅蕎麦(のっぺいそば)

薄葛仕立てのあんかけそば。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.