有田焼・伊万里焼

・有田焼(ありたやき)は、佐賀県の西部にあり、長崎県の佐世保や波佐見と隣接する位置にある『有田町』を中心に焼かれる磁器である。

 

・染付、赤絵、染錦、金彩、そして純白の肌。
いかにも磁器らしい瀟洒な作りが有田焼の特徴です。

有田焼ギャラリー >>


・有田地区で焼かれる磁器が「有田焼」で、有田町を始め近隣の三川内焼(長崎県)、波佐見焼(長崎県)などを含む肥前磁器を【伊万里焼】と呼ぶ(が、実際には有田=伊万里という認識が強く、三川内・波佐見は「平戸焼の唐子」などで独自の特色を出している)

日本の磁器生産は有田で始まった > >


・江戸時代の有田焼を「古伊万里」と呼ぶ。
(その様式を写した現在の有田焼も古伊万里という)

古伊万里ギャラリー > >


古伊万里と古九谷の産地論争 > >


有田焼 三右衛門

有田には150以上の窯がありますが、特に名高いのが『有田の三右衛門

柿右衛門窯 (柿右衛門様式)>>

今右衛門窯(鍋島焼/鍋島様式)>>

源右衛門窯(伝統と近代的工房の融合)>>






 

Copyright © 2019 手前板前 All Rights Reserved. 免債事項・お買い物について