青白磁

青白磁(せいはくじ)は白磁と青磁との中間の色調を現す磁器。
白色の素地に青みを帯びた透明な釉を施す。
影青(インチン)と呼び、中国宋元時代に景徳鎮や華南の各地で焼かれた。


青白磁


 

Copyright © 2019 手前板前 All Rights Reserved. 免債事項・お買い物について