練り込み

練り込み(ねりこみ)は色の違う陶土を重ね合わせる事で模様を出す手法。整然とした市松から幾何学的文様、マーブル状まで多種多彩。

同じようなマーブル模様の類は通常「墨流し」などのように釉によるものが圧倒的に多い。しかし釉薬による文様は同一模様を出すのが非常に難しい。練り込みは素地そのものによる模様なのでこの弱点がない。手芸によって織物のように正確な反復模様を出せます。


練り込み

 

Copyright © 2019 手前板前 All Rights Reserved. 免債事項・お買い物について