印判

印判(いんばん)は、早く言えばスタンプとか印刷。
江戸時代からあり、当時は型紙や木版を使って下絵を付けていた。
大量に製造できるので非常に安く、庶民に普及しました。
因みに器の底にある銘も印判と手書きがあります。
印判の器は現在でも低価格が魅力です。


印判

 

Copyright © 2019 手前板前 All Rights Reserved. 免債事項・お買い物について