鯛めし  

鯛めし

「鯛めし」は愛媛の郷土料理です。

ご飯に刺身を載せてタレをかけて食べる鯛めし
ご飯と炊きこむ鯛めし
この二種類が代表的な作り方。

刺身の方は「鯛茶漬け」と似ておりますね。
鯛茶漬け

炊き込み鯛めしにも二種類あります。
素焼きにして炊いている飯に載せるもの
鯛を茹でて身をほぐし、炊き込みご飯に混ぜこむもの


★後者の方(茹でる)の作り方は

茹でて骨と皮を除いた鯛の身をほぐす

それをすり鉢であたり塩とミリンで調味

鍋にて加熱しソボロに

鯛を茹でた汁と昆布だし(または水)で米を炊く
薄口醤油と塩、みりん少々

炊き上がったら鯛ソボロを混ぜて盛る
(飯を盛って錦糸卵などと上に載せる場合も)

このやり方は「鯛ごはん」と呼ばれるもので、少々面倒です。
やはり焼き鯛を使う鯛めしの方が雰囲気が出るでしょう。


★鯛を焼いて作る鯛めし

酒・薄口醤油・塩で薄味をつけたご飯を土鍋にて炊く

炊き上がる少し前に焼き鯛を加える

鯛の身をほぐし、ご飯と混ぜ込む

器に盛る

イメージ










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.