えび天花揚げのやり方

エビ天の花揚げ

花揚げの海老天ぷら
棒揚げにして散らした衣を周囲に咲かせる海老天

花を咲かせる様に衣を纏った海老の天ぷらは、見た目も立派だし大きくもなります。

ですけども、天ぷらのみを食わせる専門店ではこの揚げ方をしません。

食材の味を衣に邪魔されるのを嫌った、要するに美味い天ぷらを食わせたいって職人の配慮ですね。同じ意味で、海老も必要以上にのばしません。この場合は塩だけで食べるのが良いと思います。良い天塩があったら、甘いツユなどつけて食べるのが馬鹿らしくなります。

海老のてんぷら
必要以上に衣をつけず(花を咲かせない)、えびのしも包丁で切らずに手で筋を切るだけ
海老の伸ばし方

しかし、天丼や天ソバの場合は花を咲かせた方が良いです。ご飯や蕎麦と同時に食べるものですから、また違ってくるんですね。素寒貧の海老じゃ様になりません。

年越し蕎麦は天ぷらそばってのもいいですよね。
エビはもちろんでっかく花揚げ。



花揚げのやり方

上手に花を咲かせる揚げ方のコツは、海老が曲がらない様に完全にのばしておく事と、衣をゆるくする事です。

海老を入れ、

衣が固まる前に箸で突っつく様にして海老に衣を纏わせます。

どうしても上手く出来ない場合、裏技がありますんで紹介しときます。

エビに花を咲かせる奥の手

★出来る限り衣を柔らかくし、それを鍋いっぱいに広がるように流し入れる

★浮いてきた衣同士が引っ付くようにします

★少し固まると穴開きのセンベイみたいになります
(氷が8割くらい張った冬の湖のイメージ)

★その上に衣をつけたエビを静かにのせる

★エビがしっかり貼り付いたら、箸で周囲のセンベイを切り取る
(エビから1センチ以上離して、エビの形に切り抜く感じ)

★切り抜いたら即ひっくり返す

これで簡単にきれいな花揚げのえび天が出来ますよ。


著者:手前板前 魚山人