柳刃霞包丁で初心に立ち返る

柳刃白紙包丁

何十年も板前をやってますと

経験を重ねて来た
そして料理人としての道を深めた

そんな感慨を持ちます。

だが、同時に

「垢がこびりついた」
もしくは余分なモノが纏わり付いてしまった。

そう感じる事も多いです。

若い時期にはなかった「腹の脂肪」
自分にこびりついた「なにか」です。

そいつが体を重くします。

視力を衰えさせる
感覚をも鈍くする
味覚すら怪しいもんだ

もう切れるような素直さがねぇ。と思う。

包丁ケースを持ち出し。

中の包丁を全部出して空っぽにしてみます。

長い間、空のケースを眺めてみます。

そしてやがて「忘れていたもの」を思い出す。

板前としての入り口

黒檀だ、本焼だ、錆びない包丁だのと、
忘れ去ってしまった無垢な白紙。

これを見ると
「板前」が何だったか思い出させてくれるんですよ。

自分の仕事が何なのか、

それを教えてくれるんです。