板前が包丁を買う意味

  

本焼を買う意味

板前修業5年目くらいで、その板の料理人人生は決まってしまいます。その時期にゃね、落ち着いて自分専用の包丁を選んで買えるからですよ。

良い包丁ってのは、下手糞な砥ぎ方しなけりゃ生涯持ちます。現役の板前人生を、その1本でしのげるんですよ。



つまりね、どんな包丁をその時期に選ぶかで板前人生も決まる。不思議なもので包丁に似合ったウデになるからですよ、板ってのは。

包丁に成長を引っ張られるんです。

包丁が語りかけるんですよ持ち主に
「オイラに似合った腕になってくれよ」ってね。

業界にいる人間は、板前の器量を包丁で推測できます。どんな板前かは、経歴よりも包丁のほうで一発で分かるんです。

いくらご立派な前歴であろうが、曲がった包丁じゃお里が知れる。本物の器量があれば、包丁も美しい。

心構えがある人間だから包丁も真っ直ぐなんです。使い込んで短くなっても形は崩れてません。

もちろん例外ってのはつきものです。

高価な本焼買っても飾り物にして使わない人、
次から次に新品買って、ろくに使わない人。(マニアですな)
逆に安い霞焼をきちんと手入れしてウデを上げる人。
良い包丁をサビだらけにして板前人生を棒に振る人。

そんな例外はあるにせよ、おいらは若い奴に言うんですよ。
「単車買う金があれば本焼買え」

確かにバイクの魅力ってのは、若い時期にはたまらないものがあります。おいら自身も乗ってました。

でも言うんですよ、
「新車買って、それに何年乗ってられる?10年は無理だろ。単車自体はもつにしても流行り廃りってもんもあるし。せいぜい数年くらいのもんだ。中型の新車一台の値段で総銀黒檀柄の本焼が買える。そんじょそこらの板前じゃ使えこなせない極上品だぜ。その包丁は一生涯使えるし、そいつに見合うウデになりゃハーレーだって簡単に買える様になる。それが先行投資って奴で、考えてみりゃ安い買い物なんだよ」

まぁ言う事ぁ聞きませんけどね(笑
その年頃では包丁なんぞよりバイクが重要だもの。

間違った事を言ってるんじゃないって確信はありますよ。

こいつとバイク比べてみて、どちらを選びますかって話です。

こいつに素直に引っ張れたら、まず料理長は間違いない

今はね、店置きの牛刀で仕事すりゃ充分って時代でして、包丁にこだわる板前が減ってきてます。極端な場合包丁を持ってない板前だっています。考えられませんけど、事実です。

そんな時代に本焼包丁の話しても煙たいだけかも知れません。比較してバイク選ぶ人間ばかりになったってわけでしょう。寂しいことです。

長々と偉そうなことを書いてきましたが、実は本題は下らない話なんですよ。今欲しくて困ってる包丁があるんです。欲しけりゃ買えばいいってもんですけども、そうはいかないから困る。

欲しいのは鮪切包丁で、水野鍛錬所が出してるAKITADA-SHINNOMINEシリーズ本焼鏡面仕上げの尺五。

でもまったく同じ奴をすでに持ってるんですよ、真之棟ではありませんが。

それにね、この包丁はあまり一般的じゃなく、使い道はマグロの上身(おろし身)/ブロックを切り分けるだけ。使い道はただそれだけ。ハモ骨切や鰻裂き包丁などと同じで限定使用品。そんなのを何本も持てば、先ほど書いた「例外」になる。

でもね、板前は別名「包丁人」って言うくらいだから、あるていど刃物マニアの血が流れてるもんなんですよ。根底には「日本刀」に対する憧憬があるんじゃないかな。

どうしたことか最近はとんと見かけませんが、子供は「刀ごっこ」「チャンバラ」して遊びますし、テレビや映画では時代劇のヒーローが刀を振るのを見る。そうして育ってきた背景があるわけです。

だからこの「鮪切包丁」に魅了させられるのかも知れません。

使いやすさや実用性は最初の柳刃が上ですから、普通はみんな柳を使うんですがね、この鮪切を柳代わりに使う板前も少しですがいるんです。それを使う理由は「魅了」以外ないでしょうな。

う~ん、どうしましょうかね。迷いますなこりゃ

う~ん、美しい(くどくてスンマセン(笑)

記事の包丁→本焼包丁

著者:手前板前 魚山人
Comment