和食用語「蓮木」



蓮木(れんぼく)

「すりこ木」のこと。

する事を「当たる」と言うが、「する」は損するの意で嫌われ、反対語をあてたもの。従って蓮木・スリコギを「当り棒」と言う。
材質は、桂、ほうの木、ねむの木、桐の木、山椒の木など。


螺旋切り 落花生 乱菊 乱盛り
利久 龍眼 瑠璃煮 蓮根豆腐
蓮木 銅八銭 六条豆腐