和食用語「眼張り鮨」

  

眼張り鮨(めばりずし)

和歌山の郷土料理。
高菜漬けで、飯を包み込んで俵型にしたもの。

高菜漬けを二杯酢に浸してあるので、酢飯ではなく普通のご飯を包んでいるが、すし飯を使うケースもみられるし、具などを混ぜ込んだものもある。

名称は「美味しくて目を見張る」からだと云う。


目打ち 夫婦挿し 夫婦炊き 目笊
芽の葉 眼張り鮨 芽出し慈姑 女星
芽巻き 面取り


著者:手前板前 魚山人