和食用語「骨切り」



骨切り(ほねきり)

ハモ、アイナメ等、小骨が複雑に入っていて、その数が多い魚類の上身に、細かく包丁して小骨を切断すること。骨を断ち切ることで口あたりを緩和する。

皮目を下にしてまな板に置き、小口から数ミリの幅で、皮すれすれまで包丁を入れていく。

これ専用の包丁が「骨切り」
主に鱧専用なので「鱧切り」ともいう。


奉書焼き 棒燻 棒寿司 包丁
棒煮 焙烙焼き 干し鮑 乾飯
干し蝦 干し貝 星形切り 干し水母
干し海鼠 牡丹作り 牡丹鍋 骨切り
骨酢 骨煎餅 ほろほろ 法論味噌
本味 本膳 本煮 ぼんぼり