和食用語「抜き板」



抜き板(ぬきいた)

端ニ方、または三方に足(縁)の付いた板。
焼き魚の金串を抜く板である。

大量の刺身を仮おきしたり、経木を敷いて厚焼き卵を置いたりもする。

鮨屋では巻物や握りを並べるのに重宝する。

重ね置きできるので場所を取らず、風通しも良いという利点がある。

通常は白檜製だがプラ製など色々ある。


縫い串 糠漬け 糠味噌煮
抜き鮎 抜き板 抜き滓 抜き型
ぬっぺ汁 滑り 布目包丁