和食用語「付け包丁」

  

付け包丁(つけぼうちょう)

蛸引に似た刃の無い長い包丁で、板物の形成用。

板物とは主にカマボコを意味し、すり身を板にのせて形を整える用途に使うヘラのような包丁である。

菓子作りにも使用する。


掴み 突き出し 月の雫 月見
佃煮 突羽根 津久根 造り板
付け包丁 漬物 つけば 筒切り
包み揚げ 包み焼き 苞揚げ 繋ぎ
椿作り 壺酢
蕾漬け つぼ抜き 壺焼き つま
妻折り つまみ物 撮み胡麻 撮み御料
つまみ盛り つみれ つめ 爪型切り
光沢出し 汁煮染め 強霜 面水
氷柱 鶴型切り 釣瓶ずし


著者:手前板前 魚山人