釣瓶ずし 

釣瓶ずし(つるべずし)

奈良県の「鮎ずし」のことである。

熟れ鮨のひとつであり、腹開きにした鮎を塩漬けにしたあと、すし飯を包み、笹の葉(又は竹の皮)で覆って、重しをしてなれさせる。独特な釣瓶型の桶で作るのでこの名前がある。

 

 

 

  Copyright © 2019 手前板前. All Rights Reserved.