和食用語「壺焼き」

  

壺焼き(つぼやき)

さざえ等の巻貝を殻ごと焼いた料理。
一般的にはサザエを使用する。

醤油に酒とみりんを加えたものを差して焼く簡単な浜焼き風から、「吸地仕立て」「煮物仕立て」など作り方は様々である。

器に盛る場合は一塊の塩を置き、その上に殻ごとのサザエをのせる。
塩にアルコールをかけて火を点ける演出もある。


掴み 突き出し 月の雫 月見
佃煮 突羽根 津久根 造り板
付け包丁 漬物 つけば 筒切り
包み揚げ 包み焼き 苞揚げ 繋ぎ
椿作り 壺酢
蕾漬け つぼ抜き 壺焼き つま
妻折り つまみ物 撮み胡麻 撮み御料
つまみ盛り つみれ つめ 爪型切り
光沢出し 汁煮染め 強霜 面水
氷柱 鶴型切り 釣瓶ずし


著者:手前板前 魚山人