和食用語「包み焼き」

  

包み焼き(つつみやき)

魚介や鳥獣肉、野菜・きのこなどを包んで蒸し焼きにしたもの。昔は竹の皮とか葉蘭で包んだが、現在はアルミホイルで包むのが普通。素材の風味を逃がさない調理法である。

蒸し器で仕上げたものは「包み蒸し」である。

味付けや手法は洋風料理の要素も取り入れて多岐にわたる。


掴み 突き出し 月の雫 月見
佃煮 突羽根 津久根 造り板
付け包丁 漬物 つけば 筒切り
包み揚げ 包み焼き 苞揚げ 繋ぎ
椿作り 壺酢
蕾漬け つぼ抜き 壺焼き つま
妻折り つまみ物 撮み胡麻 撮み御料
つまみ盛り つみれ つめ 爪型切り
光沢出し 汁煮染め 強霜 面水
氷柱 鶴型切り 釣瓶ずし


著者:手前板前 魚山人