和食用語「摺り流し」

  

摺り流し(すりながし)

汁が主役の椀。「すり流し汁」

材料をすり潰して裏漉しにかけ、出汁でのばしながら加熱する。すまし、味噌仕立ての二通りあり、吸地は葛を引くと分離を防げるし口当たりも良くなる。

すり潰す材料は魚介類(白身魚、ハモ、カニ、エビ、牡蠣、生うに、マグロ、アジ、イワシ、カツオなど)のほか、鶏肉、豆腐、銀杏、枝豆、栗など。

口には葱、三つ葉、茗荷等のみじん切りが定番だが、柚子、木の芽、水芥子、すり生姜、粉山椒なども使う。


素頭落とし 酢洗い 吸い笠 吸い口
水前寺海苔 水晶煮 吸い出し 吸い鍋
吸い物 末広 酢貝 鬆が入る
杉板焼き 梳き引き 杉盛り 掬い豆腐
酢牛蒡 すじ 酢取り
簾剥き 簾骨 砂擂り 酢蓮
素引き 簀巻き切り 簀巻き豆腐 隅取り
素蒸し 酢憤り 摺り流し すんき漬
打豆 ずんべ


著者:手前板前 魚山人