和食用語「延命楽」

  

延命楽(えんめいらく)

『延命楽』は、赤紫色系統の食用菊である。
品種は「かきのもと」「おもいのほか」「もってのほか」など。

食用菊は主に黄色系の「阿房宮」や「金松葉」、夏菊の「蔵王菊」がよく知られる。色によって味が異なることはないが、赤紫になる色素に何らかの栄養効果があるのかも知れない。

食用菊は山形県の名産で、延命楽のほか黄色系では「寿」「岩風」などがある。また山形だけではなく東北地方一帯で栽培が盛んであり、青森や新潟産なども多い。

菊の香りが著しくシャキシャキ感のある花弁を食用とする。
さっとゆがいて、酢の物、汁の実、漬物などにする。
天ぷらは萼付きで揚げるとよい。


衛生 えごみ 液糖 液全卵
えぐ芋 エゴてん 江戸前 江戸雑煮
江戸甘味噌 越後味噌 海老芋 海老真薯
海老煎餅 海老素麺 海老味噌 海老の棒揚げ
海老殻出汁 えびす 烏帽子切り 延命袋
延命楽


著者:手前板前 魚山人