ワインの種類と葡萄

ワインと葡萄

ワインの基本

AOCとは?
フランスワインの格付けとラベルの見方

ボルドーワインの選び方

ボルドーの5大シャトー

ブルゴーニュワインの選び方

シャンパン(シャンパーニュ)

シャトー・ディケムと三大貴腐ワイン

DRCモンラッシェ

ロマネコンティ【DRC】

シャトー・ル・パン

手頃な日常ワイン

シャトー・ムーラン・オー・ラロック

シャサーニュ・モンラッシェ (おすすめ白ワイン)

シャブリ・グラン・クリュ
(辛口白ワイン、シャブリの特級)

ドメーヌ・フォンタネル

マルキ・ダンジェルヴィーユ



ワインの葡萄品種

この美しい葡萄色の液体が物語っている気がします。ワインという飲み物は、ブドウで良し悪しが決まってしまう事を。

勿論ブドウ品種が同じだから同じ味になるというわけではありません。 製造法、貯蔵法でも大きく変化します。 そして栽培された土壌や栽培方法、そして気候でも変わります。

その気候、つまり「ブドウが収穫された年」を【ヴィンテージ】と称して、これがワインの世界では大きなウェイトを占めます。

ヴィンテージにはもう一つの意味があり、悪天候による雨害が少なく、日射量に恵まれてブドウが元気よく育った『当り年』もヴィンテージと称します。いわゆる「良い年に製造された逸品」の様な意味合いを持っています。

後者の『ヴィンテージもの』が非常に高値で取引される様子からも、結局「ワインはブドウで決まる」と考えても間違いとは言えないでしょう。

※ビンテージ(vendange  英vintage)は本来「ぶどうを収穫する」という意味であり、ワインでは葡萄の収穫から完成までの一連のワイン造りの工程そのものを指す言葉。

ヴィンテージワイン

ヴィンテージワインチャート

生まれた年のワインを探す


しかしながらヴィンテージのワインが飲む段階で必ず美味しいとは限らず、逆に外れ年のワインが良かったりする例も多いものです。

当り年のブドウは「生育が良すぎる」ので、糖度も増しますが同時にタンニンの渋みも強くなり、飲む時期を間違えたり、造り手、販売業者、ワインを飲む人の三者いずれかがミスを犯せばとても不味いワインになってしまうからです。 このへんがワインの面白さであり、奥深さでもあるのでしょう。

コアなワインファンはともかくとして、気軽にワインを楽しんでみたいと思っていらっしゃる方は、まず「ワイン用ブドウの品種」から入った方が良いと管理人は考えています。

数えきれないワインを前に迷ってしまうよりも、比較的少なくて憶えやすいブドウの品種。少ないと言っても全てのワインはこれらのブドウから造られるのであり、結果的にあらゆるワインにつながって行きます。

味覚は「情報に左右されず自分で発見していくもの」。 それがワインではことのほか顕著でもあります。

ワインほど「新しい発見」の楽しみを与えてくれる酒はない。 ひとつ失望してもあきらめず、次に「素敵」を見つけて下さい。


ワインの代表的なブドウ品種

●白ワイン用葡萄

シャルドネ/Chardonnay

赤の横綱がカベなら、白の横綱がシャルドネ 「シャブリ」や「モンラッシェ」に使われてる様に、上質な辛口ワインに仕上がります。またワイン用葡萄としてはタフな方なので、代表産地のフランス・ブルゴーニュ地方だけではなく、世界中で栽培され、その土地によって味も様々な変化をみせます。切れる酸から重い甘味まで、そのフルーティさは幅広く縦横無尽です。


ソーヴィニヨン・ブラン/Sauvignon Blanc

代表的産地はフランス・ロワール地方。ボルドーなどではこれを使って熟成させた香りのある辛口を作り、カリフォルニアではこれを「フォメ・ブラン」と称しますが、ロワールではもっぱらフレッシュワインにします。メトキシピラジンによる青草のような清冽な香は日本料理にもぴったりです。


リースリング/Riesling

ドイツの甘口白ワイン用品種。主な産地はライン川やモーゼル川流域。これを使ったドイツワインは甘口で非常に飲みやすく、花の様な香りは「高貴な白」とも称せられるくらい。とても上品な口あたりです。ドイツでは甘口ですが、フランス・アルザスでは辛口に仕上げます。とてもとっつきやすい庶民的ワインですが、最高峰の「トロッケンベーレンアウスレーゼ」も一度飲んでみる価値ありです。リースリングもまた和食と非常にマッチします。


ピノ・ブラン/Pinot Blanc

フランス・アルザスが発祥でピノ・ノワールの変異種。コクのある白ワインに仕上がる品種。酸味のやや強い辛口の白ワインになりますが、魚料理やトマトソース系の料理と合います。ですのでイタリアでも人気でピノ・ビアンコと呼びます。スペインを代表する赤ワイン用ブドウです。これもやはりカベルネの様な長期熟成型。熟成が進むとまるで花のような香りがします。そしてかすかに皮や干草系のややスモーキーな複雑な香りもします。高い品質のわりに価格が安いのでお買い得であると言えるでしょう。ドイツではヴァイサーブルグンダー。


ピノ・グリ/Pinot Gris

これも赤ワイン用のピノ・ノワールの変異種。 フランス・アルザス地方での呼び方ですが、イタリアでの名「ピノ・グリージョ」の呼び方の方がなじみやすくなりました。アメリカのオレゴンでも沢山栽培てまして、イタリア流のピノ・グリージョを使う場合が多いからです。ドイツでは「ルーレンダー」です。ドライな辛口はイタリア人に特に好まれ、色々な料理とも相性バッチリです。


●赤ワイン用葡萄

カベルネ・ソーヴィニヨン/Cabernet Sauvignon

代表的な赤ワイン用ブドウ品種です。フランス・ボルドーが世界に誇る、最高のフルボディを生み出すブドウでしょう。タンニンが強くて濃いしっかりとした本格派ワインになるのです。有名な「シャトー・マルゴー」や「シャトー・ラトゥール」もこれで造られます。栽培地域も世界中に広まり、カリフォルニアなどはボルドーに劣らぬといわれます。


ピノ・ノワール/Pinot Noir

ボルドーがカベルネ種ならブルゴーニュを代表するのがピノ・ノワールです。タンニンはやや控えめで糖度が高く、果実味が強めのまろやかなワインになります。「ロマネ・コンティ」「シャンベルタン」「ドン・ペリニョン」など超有名ワインが造られます。デリケートなブドウで、土壌を選ぶ為に、高品質のピノ・ノワールができるのはコート・ドールなどごく限られています。


メルロー/Merlot

ボルドーでカベルネに次いで多いのがメルローです。ややタンニンが少なめでビロードのような柔らかい口あたりの飲みやすい赤ワインになります。ボルドーのポムローム産「シャトー・ペトリュス」「シャトー・ルパン」、サン・テミリオン産「シャトー・ヴァランドロー」などはこれで造られます。あらゆる料理に合う赤ワインができると言えましょう。


シラー/Syrah

フランスワインの御三家はブルゴーニュ、ボルドー、そしてコート・デュ・ローヌ地方。そのローヌが原産で、北部地域では主たる赤ワイン用ブドウ品種。熟成でボディの重い深く濃いしっかりとした赤ワインになります。果実味もかなりのもので、フレッシュなら非常にライトで飲みやすいです。「エルミタージュ」は有名ですね。またオーストラリアでも大変重要な品種であり、シラーズ(Shiraz)と呼ばれています。濃いのにあまり渋さがないやや黒コショウの様なスパイシーな香りがするシラーワインは世界中で人気です。


ネッビオーロ/Nebbiolo

イタリア最高のワイン「バローロ」「バルバレスコ」はこのブドウから造られます。ブルゴーニュ、コート・ドールのピノ・ノワールに似て栽培条件が非常に難しい品種で、ピエモンテ州などで造られています。酸もタンニンも強く、熟成に時間がかかりますが、イタリアワインの王様といわれるほどの風味豊かな味わい深い赤ワインになります。


テンプラニーリョ/Tempranillo

スペインを代表する赤ワイン用ブドウです。これもやはりカベルネの様な長期熟成型。熟成が進むとまるで花のような香りがします。そしてかすかに皮や干草系のややスモーキーな複雑な香りもします。高い品質のわりに価格が安いのでお買い得であると言えるでしょう。