大平砥石

大平

大平鉱山は京都砥石鉱脈の中央あたりにある愛宕山付近。昔から刀剣の研ぎに最適な石が多いことで知られます。

包丁研ぎにも優れた砥石で、特に内曇は波紋がよく出ます。

戸前・色物がちょうど良く、硬質の浅黄・並砥にしても使い方次第です。


大平山  現在も採掘が続いている貴重な山。
特に、その内曇砥石は貴重で多くの刀剣研ぎ師に有用されている。
スイタでレンゲ状の文様がでたものが、鉋用として有名。


地金引き、化粧砥ぎの必需品。