仕上げ砥石

仕上げ砥

包丁と砥石には「相性」があり、良い包丁ほど砥石を選ぶ特徴があります。相性が悪いと刃線の微調整が定まらず、場合によってはカエリが残ってしまうこともあります。これによって「研いだのに切れない」という結果になることもあります。反対に裏を押しすぎて丸刃にし、切れなくなることもあります。

こうした難しさを、ある程度カバーしてくれるのが最新の人造仕上げ砥石です。
考え抜かれて製造されており、その面での使い勝手は天然砥石を遥かに越えています。
最大の利点は「天然のように包丁に合わせて選ぶ必要がない」というところです。だいたいの包丁はカバーできるように作られています。

仕上げ各種


仕上げ砥一覧