おせち材料・一の重

おせち材料【一の重】

おせち重箱の一段目(一の重)には「祝い肴」、二の重には「ナマスと口取り」、三の重には「煮しめ」を詰めることになっています。

詳しくは おせち料理・重箱の詰め方

ですが、これはある程度自由に変更してもかまいません。一の重に祝い肴だけでは地味になりますので、二の重のエビやタイやアワビ、カラスミなどを持ってきて見栄えを良くするなどですね。


鯛姿焼き(山陰天然マダイ)


伊勢えび


えぞ鮑

柚子をくり抜いた「柚子釜」にイクラやウニを詰めても豪華さが出ますし、場合によっては真っ赤なボイルガニを丸ごとでも。


生ウニ


イクラ


カニ

「ナマスと口取り」とは、「酢の物と焼き物」のことだと思っていただいて結構です。

「煮しめ」は全体的に沈んだ色合いになってしまうので、人参の赤や緑のさやモノなどを上手に使って盛り込んでみてください。

柚子釜(ゆずがま)
ユズの上部3分目ほどを水平に切り落とし、中をくり抜いて器にします。その中に黒豆やイクラなどを盛ると綺麗です。

重詰ですから、小鉢や柚子釜に紅白ナマスとか生ウニなど汁気のある料理を盛るとよろしいでしょう。

正月なので季節的に黄色のゆずを使いますが、青柚子代わりにそれに近い柑橘を。料理の全体的な配色バランスにより、どちらが彩がはえるかを考慮して使い分けましょう。下のように蓋にしているユズの上部を豆鉢として、取り皿風に使用する事もできます。


黄柚子

祝い肴




縁起もの 祝肴・口取





蒲鉾(新丈)




おせち素材その他





祝あしらい・演出小物

下の画像は特殊な紙で「カラスミ」を包んだものです。


重詰などは、料理をそのまま盛り込みますと全体のバランスを取るのが難しいもの。こうした演出小物により隙間などが埋まりますし、縁起物らしい華やかさも加味されます。

演出小物・正月飾り





飾り剥き野菜

前菜・八寸


門松

おせち材料・二の重

おせち単品

蒸物・椀種

焼物・揚物

デザート・甘味

酒の肴