あしたば(明日葉)

明日葉

あしたば(明日葉)は、海岸に自生するセリ科の多年生草木。
今日摘んでも、明日には芽生えると言われる強い生命力からの命名。
八丈島で古くから食用とされており、名産地となっている。

八丈島ではこれを高血圧の薬にもしていたようです。
そこからも伺えるように、モロヘイヤに似た驚異的な栄養野菜でもあります。

ビタミン・ミネラルの含有量が野菜のなかでも群を抜いており、 特有の色素成分「カルコン」には、ガン予防や抗菌作用もあるといわれます。
疲労回復、食欲増進効果も。

茎と葉に独特の香味があり、おひたしや揚げ物等にします。

旬は(通年出まわるも)春ごろ。
※秋播きし、翌年収穫(収穫は1~2回)

八丈島産の明日葉になります。八丈島の島民の方が「安く食べて欲しい」との事で破格値で販売します。ちなみに写真の明日葉が1束です。
新聞紙等の水分を取る紙で包み野菜庫で、約1週間から2週間持ちます。 栄養分を逃がさないのは、おひたしが一番!青むろくさやとのマヨネーズ和えは抜群のおいしさです。国産と他の原産地とはまったく味が違います。この値段で注文を受けてから収穫。配達日指定は出来ませんが、そのおいしさは抜群です。
八丈島産の明日葉