アコウダイ/赤魚鯛(赤魚・目抜)  

赤魚・目抜

赤魚鯛

赤魚鯛(あこうだい);カサゴ目フサカサゴ科メバル属
アコウダイの別名が、「あこう」、「あかうお」、「ばらめぬけ」
そして「目抜け」です。

一般的には「あこうだい」を指して赤魚と呼びますけども、赤魚(あかうお)という魚は存在せず、主にメヌケやキンキなど、表面が真っ赤な魚の総称として使われます。

中部地方などで人気のある「赤魚の粕漬け」は、型の小さなメヌケやその他の「赤魚類」を原料にしているようですね。

※ハタの仲間にも「あこう」と呼ばれる魚がいます
あこう(きじはた)

昔は冬になると赤魚類が市場にずらりと並び、華やかだったものです。なにしろ真っ赤っ赤ですからね。

赤魚鯛は極めて美味しい魚で、煮付けにすると絶品です。

今は高級な鍋物材料にすることが多いようです。




赤魚鯛(あこうだい)※別称:めぬけ、めぬき