カサゴ(笠子)

カサゴ

カサゴ(笠子)は、浅瀬にもいれば深場にもいる。
色や模様は様々で、種類の判別も難しい。

春のメバルにも似ているが、口の大きさ頭のゴツゴツ感で判別できる。

ややこしい地方名が多く、岡山では「赤メバル」と呼ぶし、岩手ではユメカサゴを「のどぐろ」と呼ぶ。その他「あらかぶ」「がしら」「ほご」などとも呼ばれる。

どの種類のカサゴでも、身のしまった美しい白身である点は共通。
冬から春にかけて美味くなる魚。

瀬戸内

標準和名: カサゴ (笠子)
地方名: ガシラ、アラカブ、ホゴ、アカメバルなど。
産地: 瀬戸内海 播磨灘 (兵庫県姫路市)
身が締まっていてとても美味しい磯魚です。
特に煮付けにすると格別の旨さ。
瀬戸内の天然活魚 はりかい


瀬戸内産 天然かさご 活け締め

日本海


カサゴ(かさご・ガシラ)【生】