南蛮手 和食器の加飾手法  

南蛮手

南蛮手(なんばんで)は、東南アジアあたりで焼かれた固く焼き締められた無釉の炻器。あるいはその風合いを写した焼き物。茶、黒、茶褐色が特徴。
今は各地で焼かれ、灰釉や青釉などが施される物もある。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.