呉須濃み 和食器の文様  

呉須濃み(ごすだみ)

濃み(ダミ)とは太く濃い絵筆、それを使ってぬりえの様に輪郭線の内側を塗つぶす手法の事です。描かれた外枠の線の中を塗るベタ塗り作業ですが、熟練が要求される難しい仕事で、これをやる人を「ダミ手」と呼びます。呉須でこれをやるのが呉須濃み。

これは「イッチン※」で浮き出させた絵柄を、独特の専用筆でやってますね。
縁取りのプラチナと濃みが美しくマッチしています。
(※イッチン 溶かした土を細い筒状の金具を付けたものに流し込んで文様を描く)


プラチナ牡丹 りんご預け鉢・有田焼・文山窯 :ギャラリー蔵もと










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.