芙蓉手 和食器の文様  

芙蓉手(ふようで)

芙蓉とはハスのこと。
芙蓉手は蓮の花を表現している。

万暦中国の景徳鎮で作られていた青花磁器であり、呉須で描かれる。花芯と各弁の中にはまた別の絵柄がそれぞれ描かれるのが特徴。蓮花を意匠した柄は素地の白で区切られる事によって品位が高まっている。国内では磁器の里、有田の産が圧倒的に多い。


染付芙蓉手 高台向付


有田焼 芙蓉手 八寸皿










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.