陶器(土もの)  

陶器(土もの)

陶器は【つちもの】と言います。

陶器の代表的産地は備前、唐津、萩、益子、美濃など。
粘土を成形・乾燥して1100~1300℃の窯で焼成する。
素地は吸水性があるので釉薬をかける。
(釉薬は全体に回らないので水を吸う)

叩いても響かない。「ゴツゴツ」という感じ。
触れるとザラザラしており、柔らかみを感じる。
意外と脆いので壊れやすい。
器全体に厚みがあり、重厚感がある。
雰囲気は温か。
ですので、陶器(土もの)は寒い季節に向いています。
(一概に言い切れませんが、多くはそうです)










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.