レタスの切り方  

レタスのカット

レタスは軽いものを選んで買いましょう。
野菜は一般的に巻のしっかりした重い物が良品。
しかしレタスだけは逆なのです。
手に持ってずっしり重く感じるレタスは苦味があります。


 


レタスカットに包丁は要らない

レタスは切るというより千切る(毟る)と言ったほうが正解。
包丁はまったく使いません。

刃物で切ってはいけないのです。
切ると変色が早まりますが、手でちぎると色変わりが遅れます。
なので、手だけで下拵えしましょう。

まず切り口の固い部分の周囲を人差し指で突くようにしてグルリ
(指で切ってしまう感じです)

次に親指と人差指でヒネる様にして

芯の部分をポッコリと抜き取ります

中心部分に穴が出来ます

この穴の中央に水道の流水をあてると

葉の巻き込み全体に水が回り

勝手に葉が取れる感じになるので

少し手で助けてやるとサクサクはがれます。

巻き込みが強い部分は裏返してはがすといいでしょう

ついでに料理目的に応じたサイズにちぎっておけば、
「ばらす」「洗う」「切る」を同時に出来るわけです。

水にしばらく浸けておくと変色がさらに遅れ、シャキシャキに。

※冷たい水でないと効果なし。水を流し放しにしておけばいいでしょう。
(『50℃洗い』は、また別の話です)

あまり長く水に浸けると水溶性ビタミンが流出します。
あるていど浸したらザルにあげて水切りし、料理に使いましょう。

レタスの種類など










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.