椿餅  

椿餅

椿餅(つばきもち)は、非常に古い歴史を持つ餅菓子のひとつ。
「つばいもちひ」とも呼び、平安から存在する京都の和菓子である。

小豆餡を道明寺で包み、椿の葉で挟んだもの。
冬から初春にかけての茶菓でもある。

作り方

★道明寺を作る

・もち米を洗い、一晩水に浸ける

・翌日、水をしっかり切り、目の粗いフルイで揉み砕く

・布巾にのせて強火で20分蒸す

・ボールに蜜を作る(水を沸かし砂糖を溶かす)

・その蜜に道明寺を漬ける

・10分程度放置して蜜を吸わせる

★餡を包む

・並あんを小分けして餡玉を作る

・板に濡れ布巾を広げ、その上で道明寺を切り分ける

・手水を使いながら道明寺を手のひらに広げる

・あん玉をのせて包み込む

・形を整え椿の葉を上下に










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.