栗の浮島  

栗の浮島

浮島は、卵白の泡立ちを利用して餡を浮かせた和風のカステラ。

卵白、上新粉、小麦粉に、黄身と砂糖を混ぜた餡を合わせて蒸す。
白あんと小豆餡を二層、あるいは三層にすることもある。

栗浮島は甘味をおさえているので和菓子嫌いの方も食べやすい。

作り方

★材料
白並餡
薄力粉 白並餡の7・5%
上新粉 白並餡の7・5%
上白糖 白並餡の12~15%
卵、塩、栗の甘露煮

★セイロに火を入れておく

★流し箱(他のもので代用可能)に耐熱紙を敷いておく

★液を切った栗の甘露煮を粗く刻んでおく

★ボールで白並餡と卵黄を混ぜる

★分量の砂糖と塩少々も加える

★薄力粉と上新粉をふるって加える

★ざっくり程度に混ぜ合わせる

★別の容器で卵白を泡立て、それを加える

★両者を泡立て器で混ぜ合わす
(少し泡立ちを残しておく)

★この種を箱に流し入れる
(半量よりやや少なめに)

★表面をゴムベラでならす

★栗を隙間な無く散らし入れる

★その上に残りの種を加える

★ゴムベラで平らにならす

★セイロに入れて蒸す
・フタをずらして10分
・その後フタをして20分

★取り出してそのまま粗熱を取る

★ひっくり返して耐熱紙を剥がす

★切り分ける










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.