栗の桃山  

栗の桃山

桃山は、白並餡に卵黄、みじん粉、砂糖等を加えて焼く、焼き菓子。

中に餡を入れない場合もあるが、入れることが多い。
梅の甘露煮や栗の甘露煮を丸ごと包んだりもする。

★白並餡に水を少し加えて鍋で練る

★ボールに卵黄を入れて溶く

★温かくなった餡を少しだけ卵黄のボールに入れる

★よく混ぜ、それを鍋に戻す

★練りあげて黄身餡にする
(少し硬めのほうがよい)

★蜜をよく切った栗の甘露煮を黄身餡で包み餡玉を作る

★残った黄身餡にみじん粉少々を混ぜあわて放置しておく
(1・5~2時間ほど放置)

★時間になったら揉みこんでみる
生地がパサつくならミリンを加え硬さを耳たぶ程度に調整

★これで餡玉を包みこんで茶巾絞りに

★天板に並べる

★230度に熱しておいたオーブンで焼く

★手早く焼き色をつけて取り出す

★仕上げにハケでミリンを塗って艶を出す

桃山皮の栗きんとん

栗焼菓子「恵那栗工房 良平堂」










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.