奈良漬け  

奈良漬け

奈良漬けは非常に古い歴史のある酒粕漬けである。

元来は白瓜の粕漬けだが、今は他の野菜も丸漬けする。
胡瓜、大根、茄子、生姜、西瓜などである。

吟醸粕を使い、風味をよくする。
灘の酒粕で漬けた奈良漬をとくに「甲南漬け」という。

ウナギとの食べ合わせの良さが知られ、蒲焼きに添える漬物の定番。
折よく夏の土用の前月あたりから奈良漬の新漬けが出まわる。

★夏場、大ぶりの奈良漬用白瓜を用意

★縦割に切る

★一週間程度塩漬けにする

★酒粕にザラメを混ぜて床を作る

★半年後の冬まで漬ける

★これで食べられるが、替え床をして本漬けする場合は冬場に漬け直す

★酒粕で塩抜きしつつ床を替えて漬ける

<<和え物・漬け物










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.