ニンニクしょうゆ漬けの作り方  

ニンニクの大量剥きと醤油漬け

大量のニンニクを使う場合のむき方

★皮をそのままに、根付き部分を切り落とす

こんな感じです

★切った部分を下にして耐熱皿に並べる

★このまま1分~ほど電子レンジにかける
(時間はレンジ出力とニンニクに量による)

※もしくは湯を沸かしてさっとあおる(湯通し)

★すぐボウルとザルに移し、流水にさらす

・水の中で「手むき」にします
切り口から皮をめくり、途中で反対側(尖った方)からも剥くのがコツ。尖った部分を折るようにすれば簡単に剥けます。こうすると1個を秒単位で薄皮まで剥くことが出来ます。水の中で剥くと手に臭いがつきにくい利点もありますよ。

★ザルにあげてしっかり水切りをします

 

ニンニク醤油漬けの作り方

にんにんの醤油漬けは、剥いたニンニクをしょう油に漬けるだけの単純さ。なのに、使い道が多くて重宝します。

ニンニクは酒の肴からおかずや茶請けにまでなるし、漬け液は調味料として使えます。常備しておきたい菜のひとつですね。

醤油漬けは生ニンニクを丸ごと(1片)漬けると通常1~3ヶ月かかります。
しかし、これは2週間ほどに短縮できます。
レンジ、ボイル、蒸すなどで少し火を入れて漬けるやり方ですね。
また、薄く切ることでも漬け期間を短く出来ます。

ですがニンニクとしょう油が馴染むにはやはり2週間は寝かせたい。

★まず剥いたニンニクは完全に乾燥させます。

★密閉容器を煮沸消毒して自然乾燥させておきます

★ニンニクを容器に入れてしょう油を張ります

このまま冷蔵庫で寝かせ1ヶ月くらいすれば馴染んできます。
この場合1年間はもちます。

加熱してある場合は2週間で食べられますが、これは早めに召し上がったほうが良いかと思います。

切り口(切断面)を大きくした(広くした乱切りふう)カットですと、通常の半分の期間で醤油が浸透します。
乱切り

今回はしょう油に酒を加えてあります。
(もちろん醤油のみで漬けても美味しくできますよ)

お好みで酒や砂糖や酢等を加えてもいいです。
また、梅干しを作った際の「赤梅酢・赤じそ」にて漬けるのも良い。

この場合、薄口しょう油に砂糖で調味した液に、赤梅酢・赤じそを加えて漬け、室温で保存。
赤梅酢・赤じそ

剥いたニンニクを焼酎でつけ洗いして味噌につける「味噌漬け」もいいですね。「オリーブオイル漬け」も簡単で、これは翌日から料理に使えます。バルサミコなどを少量隠し味にするといいでしょう。

関連記事:食材としてのニンニク
和食とニンニク

<<和え物・漬け物










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.