ちり蒸しの作り方  

ちり蒸しの作り方

ちり蒸しは白身の魚が向きます。
タイ、ヒラメ、金目鯛、タラ、カワハギ、ムツ、こうした寒い季節の魚が適するでしょう。貝なら牡蠣がよいですね。季節によってマゴチ、オコゼなども。

切り身で作ると食べやすいのですが、骨付のぶつ切りの方が旨味が出ます。ただし骨や頭・カマなどのアラは霜降りを忘れずに。切り身は酒を振っておくか、少し薄塩しておけばいいです。
(軽い「酒塩洗い」ということです)

★器に昆布を敷き、定番のキノコ類と豆腐を添えて

★玉酒(酒と水を同割にしたもの)を少し振りかけてもいい

★強火で一気に蒸しあげます。12~13分ほど

★仕上げ前に青み野菜を加えてもいいでしょう(春菊など)

★モミジおろしと青ネギを添えてちり酢(ポン酢)で
モミジオロシ

ちり酢の作り方

ちり酢(ポン酢)を作っておきましょう。
市販のでも結構ですが、手作りは違いますよ。

★柑橘類の絞り汁を用意します
(橙が理想ですが柑橘類なら何でも可)

★絞り汁を同じ量の濃口しょう油(普通の醤油)を合わせる

★その三分の一くらいの量のミリンを鍋に入れる

★ミリンと同じ量の酒も入れて、加熱

★ミリンと酒を少し沸騰させてアルコールを飛ばす(煮切り)

★冷めたら醤油と絞り汁の液に加える

★そこに昆布とかつお削り節を入れる

★そのまま常温で半日放置

★漉して冷蔵庫に保存










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.