かけ焼き  

かけ焼き

かけ焼きは、ほとんど照り焼きと同じやり方。

材料を素焼きし、火を通した後、調味料をかける。
表面が乾いたらタレをかけを数回繰り返して調味料をのせ、つやを出して仕上げる。

照り焼きとの違いは「照り」が目的ではないこと。
調味料をのせるのが、かけ焼きの目的です。

例えば鯛かぶとの焼き物。
・醤油と味醂だけの割り下をボールなどの容器に
・その上に串を打って素焼きした鯛の頭を持って来て、お玉などで割り下をかける
・これを3回ほど繰り返しす
・タレは別鍋で煮詰めて仕上げに加えて盛る

<<和食焼物の基本










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.