照り焼き  

照り焼き

照り焼きは、「つけ焼き」とも言います。
魚介や鳥獣肉に照りをつける焼き方です。

・基本的な作り方
★材料に七分通り火を通して(素焼き)から、たれをかける、あるいはハケでタレをぬる。
★タレをつけた後は焦げやすいので中火にして、繰り返しタレを数回塗り、つやを出して仕上げる。
★タレは醤油・味醂・酒、砂糖やザラメを煮詰めたもの。


・つけ焼き

脂の強い材料はタレを弾いて照りがつきにくい。
なので、焼く前にタレに浸けておく方法を使う事もある。
浸け時間は15分前後が適当。

ハケで塗りながら焼くのは、家庭では簡単ではありません。
フライパンを使った簡単な照り焼きも出来ますよ。

・材料に粉を薄くまぶして油で焼き色をつける
・火が通ったらタレを加える
・2~3分かけて裏表に色が付いたら一度材料を取り出す
・タレだけを煮詰める
・煮詰まったら材料を戻しタレをからめる

※焦がしたら苦味が出るので注意してください



ブリの照り焼き


とり照り焼き丼の作り方【動画】

<<和食焼物の基本










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.