サバの塩焼き  

サバの塩焼き

サバはどんな料理にしても美味しい魚です。
素材そのものに旨味が豊富だからです。

素材の味を一番堪能できる塩焼きにしてみましょう。

三枚おろしにして片身をそのまま焼いても、数切れにカッして焼いてもかまいませんが、今回はフライパンを使って塩焼きにしますので、3切前後に切り分けた方がいいでしょう。

もちろん普通に焼き網やグリルを使ってもかまいませんが、より手軽に出来るフライパンでの塩焼きです。直火ではないので「間接焼き」ですね。

油は使いませんので、フッ素樹脂加工のツルツルしたフライパンを使用します。焦げにくい便利なフライパンです。テフロンとかテクノフロンとかいうフライパンの事です。

さばの塩焼をフライパンで作る

★サバのさばき方を参照して三枚おろしに
サバのさばき方

★片身を3切れ前後に切り分ける (小さく切らないと外側だけ焦げて芯まで火が入らない)

★バットに薄く塩を振る

★その上に切り身を並べる(皮を上に向ける)

★切り身にむら無く塩を振る

★水逃しのザルなどに移し20~30分置く

★沢山水気が出てきますので拭きとる
(水分と一緒に臭みと塩分も抜けて締まっています)

★皮の上に包丁で数本の切れ目を入れる

★塩味をつける為の塩を少し振ります

★熱したフライパンに皮を上にして入れる

★火は中火の下くらい

★返して表側も焼く

★盛りつけてレモン、大根おろしを添える

※切り身を複数盛り込む場合は長角の皿より、丸い皿や鉢に盛った方が見栄えがよいです。中央寄りに山形に重ね盛りして立体感を出しましょう。

<<和食焼物の基本










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.