なす田楽の作り方  

なす田楽の作り方

味噌の香ばしさと熱々に焼けた茄子の相性が抜群です。


茄子みそ田楽

田楽味噌は赤みそを使うことが多いのですが、ご家庭で通常使っている味噌でもかまいませんよ。酒・砂糖・ミリンを加減して好みの甘さにすればいいのです。味噌のカドを取りたいのなら、だし汁でのばしたり卵黄を加えるのもいいでしょう。

★まず田楽みそを作ります
小鍋に味噌を入れ、酒1・砂糖1・ミリン1(砂糖は好みの量で)を入れて、中火でヘラを使って練ります。 ※弱火よりも、強めの方がツヤが出ますが、焦がさないように注意。ヘラの動きを止めないようにします。ツヤが出てぽてぽてした感じになれば火を止めます。

★ナスは「米なす」や「丸なす」が適していますが、普通のナスでも切り方次第で田楽にできます

※切り方は何で焼くかで決めるといいでしょう。
フライパンでも焼けますし、オーブンでも結構です。

普通は中央から縦半分に切り、ボート型にして焼きます。

この場合は表に格子状の切り込みを入れておけばいいです。

★このナスをさっと揚げてから上に田楽みそを塗ってオーブンへ

★味噌に焼き目がついたら出来上がりです

※揚げないで焼く時はナスに油を塗り、200度くらいのオーブンで1度焼いて火を入れておけばいいです。それから味噌を塗って仕上げ焼き。

※丸茄子や大きな茄子は横から輪切りにしてフライパンで焼いてもいいです。やはり庖丁で食べやすいように切り込みを入れ、油を敷いたフライパンで両面を焼きあげます。じっくりと焼き上げたら田楽みそを乗せて器へ。

※「けしの実」か「白ごま」を味噌の上に振って食べるといいですね。

 

ナス味噌田楽の作り方

・大きな米ナスを横から輪切りにします

・周囲に包丁を入れ

・格子目に切り込みを入れておく

・これを揚げ焼きに、もしくは直焼きに

※芯までしっかり火を通します

・器に盛り、作っておいた田楽みそをかけましょう

・けしの実を振って完成










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.