伽羅煮  

伽羅煮

伽羅(きゃら)は濃い茶色のこと。
蕗などを佃煮風に煮付けたものが伽羅煮。

元々山里の保存食であり、非常に辛いのが特徴。
醤油に少しの味醂を加える程度の煮汁で煮詰める。

しかし、今の人はそれでは辛すぎて食べられません。
ある程度味醂と砂糖で調整するといいでしょう。

伽羅蕗(きゃらぶき)

★茎が緑色でつやがあり、すらりと長く太すぎない蕗を選ぶ

★茎を鍋に入る長さに切り、まな板上で塩を振って転がす(板ずり)

うぶ毛を落とし、色が鮮やかになります
※伽羅煮の場合色は無用ですが

★5センチ長さに切りそろえて20分ほど茹でる

★水にさらしてアクを抜く

★水気を切る

★辛めに作った煮汁で一煮立ちさせる

★煮立ったら弱火にして煮詰めていく

★汁気がほぼ無くなるまで煮詰める

※保存食という必要がない場合、だしを加えれば食べやすい味に
※こんにゃくなども加えてみて下さい
※鍋で煎り、すり鉢で粉にした「粉かつお」をまぶすと美味しいです










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.