煮しめ  

煮染め

煮しめを作る時はそれぞれの材料別に煮ます。
しかしご家庭で少人数分を煮〆るのに、必ずしもこうした調理は不要。それぞれの野菜等を下茹さえしていれば、いっぺんに煮ることが出来ますよ。

★手順としては一番時間がかかる干しシイタケから
たっぷりの水で戻しておきます
乾物の戻し方

★コンニャクやイモ類(里芋がよい)、煮昆布やがんもどき、それぞれに下処理して火に通しておきます
※コンニャクは手綱
(長角に切り、中央に切れ目を入れて端を潜らすだけ)

★ニンジンやタケノコも適当に切って下ゆで
※材料は好みで何でも加えて下さい

★材料が用意できたら鍋やフライパンで煮ます

★あまり重ならないように工夫して並べ入れる

★そこにシイタケ戻し汁(漉しておく)とダシ汁をひたひたに張る

★酒とミリンを少々加えて強火

★沸いたら火を落とし醤油を少しずつ加えながら煮ていく

★アクを丁寧に取り除くこと

★全部の野菜に火が通るまで煮る
※煮汁が少なくなったらシイタケの戻し汁か出汁を
※薄く感じたら醤油を

★火を止めて自然にそのまま冷まします

※彩りになる青野菜(インゲンとか絹さやなど)は下ゆで(もしくは浸し煮)しておいおて、盛り付けの段階で加える。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.