牛丼  

牛丼

肉は何でもそうですが「中途半端な加熱」では硬くなります。
もちろん牛肉も同じ。
柔らかく食べる方法は、肉だけ長時間煮込む・圧力鍋を使う、もしくはレア状態。

肉じゃが、すき焼きもそうですが、牛丼も「少し煮る」料理。
手順からして肉はどうしても硬くなります。
上等の肉ほど硬くなってしまう料理なのです。
なのでこうした料理には「脂身の付いた安い肉」が適当です。 「コマ」「バラ肉」などで充分。

★薄切りの牛肉を適度な長さに切りそろえる

★玉ねぎをスライス
(他にピーマンやニンジンなどお好きな野菜を。エリンギなどもよい)
※基本的に肉と玉ねぎだけでかまわない

★鍋にサラダ油を少々入れて熱くする

★肉をサッと炒めて、すぐに取り出す

★鍋はそのままに野菜類を入れて軽く炒める

★だしと酒を加えてひと煮立ちさせる

★砂糖と醤油を加え甘辛い味に

★肉を戻し5分ほど煮こむ
(アクを丁寧にとること)

★熱いご飯の上にのせてネギや紅しょうがなどをそえる

関連ページ

牛丼の作り方【動画】

ちなみに、関西では牛肉炒め煮を卵とじする場合があります。
豚肉を炒め煮して玉子でとじたのと同じで【他人丼】ですね。
豚肉を使う場合は「豚玉丼」ともいいます










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.