玉子丼  

木の葉丼

木の葉丼とは玉子丼の関西風の呼び方。
つまり玉子どんぶりのことです。

具となるカマボコ、葱、シイタケなどをハスに切る。
これを木の葉に見立てているわけですね。

かまぼこやきのこ類と葱、仕上げにノリを。
極めて簡単で簡素な丼物です。

・材料を用意して薄切り

・フライパンや専用浅鍋に丼ツユを沸かす

・材料を加えて火を通す

・1人前2個の加減で溶き卵を

・器に盛って海苔を載せる

※たまごどんぶりのバリエーションはとても豊富
アイデア次第だと言えるでしょう。
カマボコとキノコにこだわる必要はありません。
要するに卵をかぶせて作るごはんものというわけですから。

☆オムライス風
ご飯が残った場合など、それを冷ましておく。 牛豚肉やチキンを使って炒めご飯を作る。
(玉ねぎやニンジンを混ぜ、味付けはケチャップ風味などお好きに)

卵に牛乳を加えて溶く。
バターで半熟状に炒める。

これを丼に盛ればオムライス丼。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.