いかめし  

いかめし

「いかめし」は北海道の郷土料理として有名です。


函館のいかめし

市販品も美味しそうではありますが、自分で作ると格別です。そう難しい料理ではないし、手順通りに作れば誰でも出来ます。なにしろ、イカとその旨みを吸った米の相性が最高。一度作ると、多分その美味さにびっくりし、クセになるかも知れませんよ。

いかめしの作り方

まずは、前の晩にもち米を洗って水に浸けておきます。

イカの調理にかかる前にザルにあげて水を切っておきましょう。

イカはスルメでもヤリイカでもかまいません。
イカのさばき方を参考に、胴体から足(手)とワタを抜きましょう。
(胴体を破らないように注意)
イカのさばき方

胴体はきれいに水洗いして水気を拭き取る

乾いた布巾やキッチンタオルなどで包み冷蔵庫へ

さばいたイカの足を洗って水気を拭き取り細かく切る

ボウルに移したモチ米にその足を混ぜます

ここに調味液を加える
(醤油・酒・みりんを同割)

全体がよく混ざるように合わせる

※このときに根菜類や茸などのみじん切りを加えてもよい

そのまま1時間ほど置いておく

調味液が浸透したら今度はザルにあげて汁気を切っておく

表面の水気がとれたイカの胴体に米を詰める

煮たら膨らむので6~7分目くらいに詰めてください

入れ口を閉じるために竹串を一本刺します
サイズによっては楊枝でもよい
きゅっと口を閉めて飛び出した串はハサミ等で切り取る

イカを鍋に並べる

出汁、酒、ミリン、醤油、砂糖を加える
(酒は多め、あとは各大さじ3程度の同割で加減)

強火で煮立てる

沸いたら弱火にして「おとしブタ」を

煮汁がほとんどなくなるまで煮る

カットして器に盛る

針柚子や針生姜を天盛してもよい










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.