【春の貝】はまぐり・しったか ながらみ  

春の貝

 

雛祭りですなぁ、もうすぐ。
凍える寒さも2月いっぱいでヤマを越えましょう。

はまぐり

ひな祭りと言えばハマグリ。
ハマグリの殻は昔から「貝合わせ」に使われてるように、二枚の殻がピタリと合わさりますが、ペア以外の殻とは重なりません。ようするに固く結ばれた関係であり、浮気はナシってこと。

このことから縁起を担いで結婚式の吸い物によく使われます。
女の子にとっての幸せはお嫁さん(昔はね。今は存じません(笑)
「よい伴侶と(合い)ますように」「固い絆で結ばれますように」
って願を掛けて、「ひな祭り」にもハマグリを食べさせるって訳。

さて、昔から日本人に親しまれてきたハマグリ。
今でもお店で買えますし、「ハマグリって何だ?」なんて事は考えたりもしないでしょう。ハマグリは、はまぐり。漢字で蛤。当然そうだと思っていなさるでしょうな。

実は「ハマグリ」っていう名称は何を指しているかよく分からないんです。本来は和名の「はまぐり」という二枚貝を指す言葉。ですがこの貝、日本ではほぼ絶滅しております。
(国内で生息しているのは2箇所だけだとされます)

マルスダレガイ科ハマグリ属の二枚貝は三種。
(1)ハマグリ
(2)チョウセンハマグリ
(3)シナハマグリ

この(1)がハマグリなんですが、これの在来種は先ほど書きましたように全滅状態で、瀬戸内と有明でかろうじて生息しているという「ウワサ」だけの生き物。

昔の東京湾にはこれがワンサといたのですが、1975年に絶滅。
生活排水などの環境汚染による「赤潮」。そこから派生する無酸素水塊である「青潮」。さらには生息地の干潟・砂浜の埋め立て。これによって死につくしたのです。

※無酸素水塊は干潟によってある程度防げます。なので東京湾周辺でも干潟の残る場所では生息可能。千葉産ハマグリが存在する理由です。(チョウセンハマグリは外海の砂浜が生息地なので汚染の被害を免れたという面もある)

では、現在「ハマグリ」として販売されてる貝は何か。
「地ハマ」と称される国産ハマグリは「チョウセンハマグリ」
安い輸入物は「シナハマグリ」
白ハマグリと称されるのは属が違う「ホンビノスガイ」
他にも◯◯ハマグリと名の付く貝がたくさんあります。

蛤の見分け方

ハマグリのブランドである『鹿島もの』は鹿島灘産。
利根川河口近辺産で、国内流通の過半数を占めます。
非常に高価であり、味も良い。旬は春(実際に旨いのは5~8月)
これは「チョウセンハマグリ」です。

というか、千葉、熊本、桑名、などもほぼチョウセンハマグリ。
中には見境なく撒かれた(潮干狩り・蓄養のため)シナハマグリとの交雑種もいたりして何が何やら正体不明の奴も。

※チョウセンハマグリは輸入のシナハマグリと違い元々日本に生息してる国産。在来種。近年国内のチョウセンハマグリは減少している。

※輸入して日本の海浜に撒かれているのはシナハマグリだけではなく、様々な国からである。

「逃げ足」の早いハマグリ

二枚貝というのは貝殻の頂点部分に蝶番があり、ここに靭帯があります。これが貝殻を開く役割。閉じる機能は「閉殻筋」、つまり貝柱の役目です。

なので貝柱を切ると二枚貝は口を開くのです。
前後に合計二つの柱を持つ、ハマグリ、アサリ。

中央に太いのが一本だけの、ホタテ、タイラギ。
どちらにしても柱を切れば殻を開きます。

逆に靭帯を壊しておけば殻を開く機能を失います。
なので焼ハマグリが急に口を開けて中の汁を失なってしまうのを防止するために、この靭帯を切り落として焼くのです。

二枚貝が殻を開く理由は二つ。
「採餌、呼吸、生殖、排泄に使う水管を出すため」
「足を出すため」

二枚貝には「舌」ような形をした足があります。
これが貝の「足」であり筋肉の塊。
これが斧のような形をしているため二枚貝を「斧足類」とも言います。
主な用途は砂に潜るため。

ところで、ハマグリは干潟の一部を区切って蓄養されます。
ところが竹簀などで「囲い」をしないと逃亡するのです。
つまり、夜逃げ・トンズラ(笑)

ハマグリはけっこうな大きさ。重さもある。
あの図体でどうやって移動するのか。

潮の様子を伺い、下げ潮だとみるや水管から粘液を出す。カウボーイよろしくその液を投げ縄のごとく潮へ投げ、その縄に引かれてとっとこ移動。「分速1メートル」ものスピードでもって一晩で蓄養場から脱走するんです。これは若い個体に著しい特徴で、昔の人はこれを称して「蛤の蜃気楼」と呼んだそうです。

なんとも面白いというか、小面憎いというか、可愛いというか(笑)
逃げられた漁師は笑うに笑えないでしょうがね。

しったか ながらみ

やはり春遅く5月頃から美味くなる貝。貝類はだいたい春が旬ですが、こちらは少し様子が違う貝。海辺で拾ってくることが多い小さな巻貝です。磯遊びに行くと、夢中になって集めたもんですが、皆さんも同じでしょう。

小さいバケツや空き瓶に入れて持ち帰ると、お袋や祖母が味噌汁や潮汁や煮物にしてくれて、磯の匂いがぷ~んと漂った。
あれはいったい何百年前のことなんでしょうか・・・(←

しかし、ああいった貝の名前はまったく憶えておりません。
その理由は、あまりにも種類が多いこと。

それに、覚えられない変な標準名がついていること。
なんだって学者さんは分かりよい名をつけないのかでしょうか。

料理屋で使うことはめったにありませんが、一般的な小型の巻貝としてまずまず知名度があるのは【尻高貝】と【ながらみ】

ナガラミの標準和名は「だんべいきさご」(團平喜佐古)
そして子供のおはじきにする「きしゃご」もナガラミ。

シッタカ(尻高)ときたら、これがアナタ、
「くぼがい」
「ばていら」
「ぎんたかはま」
「くまのこがい」
「おおこしだかがんがら」
覚えられるかってんだ(笑) もっと簡単な名前にしろっての。

しったか・ながらみ・ちゃんばら貝

いずれにしろ、こうした巻貝をざっくりボイルした奴を、針状のもので突いて身を引っ張り出して食べる。海辺の地方に旅する時の楽しみの一つですよね。陸の山菜とはまた違う、磯から漂う「春の匂い」がします。

2012年02月24日

Comment
スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.