キンキの見分け方  

旨い魚を母の日に

 

自分の母親の年代ってのは手芸が必須。
にしても、うちのお袋は殊更手先が器用な方。
それを仕事にするくらいですから、普通以上なのでしょう。

高齢になった今でも、律儀に働いております。

「いい加減に辞めて悠々自適の余生を過ごしたら」
そういう声もあります。
けども、おいらは母の好きなようにさせております。

その方が健康で長生きできると思っているからですよ。
辛くて嫌々やってるならともかく、好きでやっていることですから。

母には長生きして欲しい。
それにも増して幸せでいて欲しい。
心底そう思うのです。
無理に仕事をとりあげる「勘違いの親孝行」などする気はない。

母は昔から、祖母に似ず穏やかで静かな女性でした。
祖母はどちらかと言えば「ちゃきちゃき」
おいらは祖母似です。

若い時の母。
やんちゃなクソガキ(おいら)のせいで、何度人様に頭を下げたことか。ペコペコと頭を下げる細い後ろ姿を忘れることが出来ません。

「子供の喧嘩に大人が出るなんて。あたしゃ許さないね」
そう息巻く祖母をなだめすかして家に閉じ込め、いつも母が出た。
(婆ちゃんを出すとお詫びどころか喧嘩になりますので (笑)

母は煮物が得意でしてね、真鍮色の大きな鍋を使い毎日と言っていいほど食卓に何かの煮物を出していました。お小遣いが欲しい下心を持つ鼻タレガキ(おいら)が、隣で手伝うフリをしながらカツオ節を削り、削りたてのカツオ節のあまりの美味さに片っ端からつまみ食いして逆に邪魔をしてたりしましたねぇ。

ある時ふと気がついて尋ねました。
「なんでそんなに沢山作るの?」
量がうちの家族分を超えているんですよ。
「美味しそうにできたからお裾分けよ」

後で思えば、色々と事情があった近所の家庭への差し入れ。
それに加えて料理上手の母は、「煮物は大量に作ると旨い」という料理の奥義を知っていたのかも知れません。

父の何周忌目かの法要の時、母がとても小さく感じました。
なぜだか締めつけられるような痛みが胸をよぎる。

子供の頃、あんなに大きく感じた母が、こんなに小さくなった。
それが凄く胸に刺さるんですよ。

そのあたりからですね、「本気で大事しなきゃ」と考えたのは。

関連記事 旅と母

母は魚が大好きでして、これは祖母もおいらも同じ。
祖母はコハダや貝が特に好きでしたが、母は白身魚。
キンキなんかが大好きなようです。

もうじき母の日。
少し季節は外れますけども、キンキの料理でも贈りましょうかね。
キンキは煮つけが美味い魚。
でも母には煮物は見飽きた料理。

煮物を上回るほどキンキの滋味を引き出すにはコレ。
キンキの干物です。


干物の作り方

きんき

キチジ

漢字表記は『吉次』または『喜知次』
カサゴの仲間で深海魚(150~1200m)
通常のタナは百尋~三百尋
別名;きんき、きんきん、めんめ、めいせん、めいめいせん、あかじ、あすなろ
英:Broadbandedthornyhead

市場では通称である『きんき』(又はキンキン)と呼び、この方が一般にも通りがよい。しかし和名はキチジである。産卵期は冬から初夏、旬は秋から冬である。

主産地の北海道では「めんめ」と呼ばれる事が多く、地元でも人気がある(日本海側にはいない)。南限は駿河湾あたり。 北の北海道には南の沖縄の「マース煮」とよく似た「湯煮」という漁師料理があり、『めんめの湯煮』は魚好きにはこたえられない旨さ。名物の「ちゃんちゃ焼き」もめんめで作ると鮭よりも美味いという地元の意見もある。

この魚は白身魚でありながら、脂肪分がたんぱく質を上回る。
なので、DHA・IPA(多価不飽和脂肪酸)はイワシなど青魚に匹敵する。
※V・Eが100g中2.4㎎もあるので脂肪酸の酸化をくい止める

どのような料理でも旨いが、やや多い水分を抜いた干物が絶品。
薄塩で水を抜き、味噌漬けや粕漬けにしても旨い。

他のカサゴやメバルとかハタ科に姿や色が似ている魚が多い。
見分ける方法は色々あるが、簡単なのは背ビレ後部の黒斑。

キンキは背びれ後方のこの場所に黒い斑点がある

背びれを立てて広げるとすぐに分かる。


キチジとアラスカキチジ

近縁種に『アラスカキチジ』がいて、海外から輸入されています。
北海道の東部、オホーツク、ベーリング、北米カリフォルニアに至る北洋海域に生息。キチジと同じくフカカサゴ科であり外形もよく似ている。

値段はキンキの約半値。味はキンキよりも大味。
だが、キンキと称して販売されるケースもあるようです。
産地表示を信じるしかありません。

自分達は「顔の雰囲気」だけですぐに見分けられます。
誰でも簡単に見分けられる方法もあり、それは外皮色の濃淡。

キンキが鮮やかな濃い赤色であるのに対し

アラスカキチジは少し桃色がかった薄い赤です

でもまぁ、船内凍結の姿冷凍でしたら添加物の心配もありません。
(何かに加工されたものは間違いなく色々添加されている)

安いし、お惣菜などによいでしょうね。


●キンキの焼き物(イメージ画像)



北海道羅臼産 開きキンキ

Comment
スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.