缶詰・瓶詰の保存期限  

缶詰・瓶詰の保存期限

缶詰

缶詰は優れた保存食品で、ほとんどが3年以上保存可能です。
しかし、無菌状態で密閉されているため空気に触れたら非常に傷みが早い。

ほぼすべての缶詰は、開けた当日に使い切るのが原則です。
(一部のソース缶や水煮缶を除く。原則として調理済み缶詰)

シロップ漬けでも翌日までに使い切る。

他の容器に移しても、加熱しても(こうすると金属臭も消えます)
「即日使いきり」は同じです。

※ちなみに、新しい缶詰は美味しくありません


瓶詰め食品

賞味期限は3ヶ月~2年と様々。表示をご確認ください。

開封後はほぼ全てに共通して約1週間です。(冷蔵)

佃煮系は2週間。
キャビアは2日。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.